【脱毛マンガ】質問「脱毛後に『まだら』になるのは、施術ミス!?」

脱毛質問「脱毛後に『まだら』になるのは、施術ミス!?」

datuman-os8

レーザー脱毛の後に、毛が「まだら」になる方が時にいます。
すなわち毛が生えている部分、生えていない部分ができてしまう状態です。
これは、「ヒゲやVIOなどで、特に毛が濃かった方」、または「施術が1回目や2回目など、始めたばかりの方」で起こることがあるようです。
これはネット検索などしてみると、非常に多くのクリニックで事例としてあるようです。

このときに、受けた方は、
「これはレーザーを、まばらに打ったからでは!?」
「打った場所だけ毛が抜けて、打ってない場所では毛が抜けてないのでは?」
「すなわち施術でのミスでは? 打ち漏らしでは?」
と思われる方も多いようで、実際に
「○○エステで、変な打たれ方をしたからか、こうなった!」
「△△美容外科で、打ち漏れがあったからか、こうなった!」
という体験談を書いている方もいます。

しかしこれ、誤解です。

実際、レーザー脱毛は(もちろんエステの光脱毛でも)、どんなにまんべんなく当てても、このようになることはあるのです。
というのは、毛がレーザーを吸収する濃度や、毛のサイクルに偏りがあるからです。
レーザーは、主に「成長期」の毛に効きます。この成長期の毛は全体的に生えているわけではなく、かなり偏りがあります。まとまって生えている部分、またあまり生えてない部分があるのです。
そのため、結果的に脱毛が「まばら」に起こってしまうのです。

重ねて、「レーザーの打ち漏らし」などではなく、「どんなに綺麗に打っても起こりえること」とご理解ください。
そしてもし「まだら」になってしまっても、2回目・3回目と脱毛を続けていけば、最終的に、必ず全体的に毛がなくなっていきます。本当に一時的なものなのでご安心ください。

ただ、これはすべて「単発式」の話です。

弱い熱を全体的に与える「蓄熱式脱毛」は、実は「成長期」だけでなく「退行期」の毛にも効果があるとされ、そのため全体的に脱毛が行われていきます。またレーザー吸収の濃度にあまり影響を受けず、やはり全体的にダメージを与えます。
よって「まだら」になる可能性は、単発式に比べて、ほぼなくなります。

全身脱毛、またヒゲ・VIOなどの脱毛を考えている方は、ぜひぜひご検討いただければ幸いです。

あなたの毛の悩みは、実は脱毛一つで軽くなります。

全身脱毛はゆう脱毛スキンクリニックへ!

top201603-(1aka)

作画…大島永遠さん 原作…ゆうきゆう
監修…森しほ/東京大学医学部附属病院皮膚科・ゆう脱毛スキンクリニック